1、任意整理とは?



債務整理と言えばいろいろある。「任意整理」「自己破産」「個人再生」がおおきな三本柱といえる。
そしていまは、任意整理が一般的で、もちろん債務の状況によるが、任意整理で少しでも債務がへるならそれが望ましい。全てなくなるケースもあれば、逆に過払い金として返金される場合もあるのだ。
それを知らずに毎月法外な債務を返金しているかもしれない。もしあなたに借金返済に生きずまって、八方塞がりでいるようなら、一度弁護士に相談してみて損はないだろう。

任意整理は司法書士あるいは弁護士といった法律家に代理人となってもらって和解交渉をしていく。全ての債務にするわけではなく、減らしたい債務を鑑定して、和解交渉をし、借金を減らしていく債務整理のやり方である。
整理したい借金だけを任意整理することができて、裁判所などは通さずにすむので国の記録には残らないため債務整理となると少し恥ずかしい、世間に知られたくないといった風潮があるためお勧めである。クレジットカードと闇金などから借金があったとすれば。闇金だけを任意整理することもできる。そして闇金などは異常な利子をつけている場合がほとんどなので、任意整理しやすい債務といえる。
裁判所を通さずに、司法書士や弁護士といった専門家があなたの代わりに高利貸し業者との直接交渉となる。そして返済について和解交渉してくれて、国の記録には残らない。
闇金などの高利貸しは法律で定められた利子以上の金利で貸している。それをまともに返済することはほとんどの人間が不可能であるし、支払わなくても良い分まで返済したり、利子も部分だけ毎月しはらって、元本まで達しないという人も多くある。
法律で利息制限法というのが定められた。それに従って、上限金利である15%〜20%に金利を引き下げて再計算をしてみると、借入金の減額が減ることが期待できるのだ。
そして任意整理の更に良い事は、今後利息をなしとし、減額された元金のみ約5年以内で返済できるよう債権者と和解契約を結んでいくことができる。すべての交渉は弁護士や司法書士があなたの代理として行うので、難しい法律の知識や交渉術などは必要ないのだ。そして闇金業者などがあなた自身に取り立てにくることはなくなる。一切債務者への直截な取り立ては法律上禁止されているのだ。
さらなる任意整理のすばらしいところは、もし上限金利で再計算をした際に、払いすぎていたお金があれば、それは元金に充当して債務の減額をすることができる。さらに元金以上にお金を払いすぎていた場合、過払金返還の請求をおこして、もちろん戻してもらうことができるのだ。実は、その高い利息でもう既に借金を返し終わっていたり、または半金以上払っていたりという事もありえる。過払い金とは債権者に対して払いすぎてしまったお金のことで、しっかり交渉できれば返金が期待できる。任意整理でこの過払いを計算する事で借金を減額する事が出来る。返済が大変で利子しか払うことができない。金利が異常に高いなど、何か疑問があるならば必ず任意整理をするべきだ。弁護士に相談して、任意整理によって債務がどうかわるのかシュミレーションしてみてはどうか?
任意整理というのは、法的にかなった金額しか返済しないという交渉となる。法外な高金利で貸し付ける高利貸しとのトラブルは後をたたず、脅しで返済を求めるなどというニュースもよく耳にする。そのような事態から逃れるために任意整理はとても有意義な債務整理の方法の一つである。
このように任意整理は司法書士あるいは弁護士といった法律の専門家に代理人となってもらって和解交渉をしていく債務整理のやり方の一つである。「自己破産」「個人再生」など他にも債務整理のやり方は多くあるが、それぞれ裁判所へ赴く作業となってくる。
任意整理は自己破産と違ってもっと簡単にでき、裁判所などは通さずにすむ。クレジットカードと闇金などから借金があったとすれば。闇金だけを任意整理することもできる。
裁判所を通さずに、司法書士や弁護士といった専門家があなたの代わりに高利貸し業者とのやりとりとなって、返済について和解交渉をするので、国の記録には残らないのだ。

もちろん任意整理が適している債務者、自己破産が適している債務者などケースバイケースなので、あなたの債務整理はどうしたら一番効率よく働くのか、弁護士に相談してみるのがよいだろう。

Favorite

沖縄 ダイビング
http://xn--ecka9aybj0a8k7gkde2409n3yub.com/
電子機器組立
http://www.e-monozo.com/shopbrand/026/X/
卒業式 袴 レンタル
http://www.sotsugyo-hakama.com/
割烹着
http://marufuku-online.com/
礼服 レンタル
http://rental-kousaka.com/

2015/12/4 更新